アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護業界の現状


リクルートさんがされたアンケート結果です。

<介護サービス業に対するイメージ調査の結果>

調査は全国の15歳から64歳の男女2757人を対象に行い
1957人から回答が得られた。

・体力的にきつい 61.0%
・精神的にきつい 58.9%
・給与水準が低い 48.0%
・他人の人生に関わるのが大変 46.1%
・離職率が高い 44.6%
・個人の向き不向きがある 43.4%
・社会的意義が大きい 38.8%
・補助金頼みの業界 37.4%
・今後成長する業界 30.9%
・資格や知識を活かせる 29.8%
・小規模の会社が多い 29.8%
・社会的地位が低い 29.6%

このような結果となり、圧倒的にネガティブイメージが多い。


<離職理由の男女差>

介護職を辞めた人に聞いた主な理由は、

・体力的にきつい 23.3%
・精神的にきつい 20.4%
・体調がすぐれない 19.4%
・給与水準が低い 16.0%
・尊敬できる仲間や上司がいない 14.1%
・社風が良くない 11.2%
・やりがいを感じなかった 9.7%

このような結果となった。

「体力的にきつい」 「精神的にきつい」 「体調がすぐれない」

は女性に多く、「給与水準が低い」 「尊敬できる仲間や上司がいない」

は男性に多かった。

先日、安倍総理が「介護離職ゼロ」を打ち出したことで、国有地を

介護施設に転用する方策が挙がっているが、建物があっても人が

集まらないのでは意味がない。

既に現在、建設済みだが人が集まらず、入所できない施設もあります。

仮に人が集まるようになったとしても、「介護離職ゼロ」とよく言えますよね。

介護職の給与に関して、処遇改善の実施により少しは上がっていますが、

一般企業のような生産性がない為、限界があります。

デイサービスや施設等では、定員がある為、収入面は最大でも定員分

しかありません。少しでも稼働率を上げ、経費を節約するしかありません。

本当はもっと手厚く人員を配置したいところですが、収支を

考えるとそれもできません。

ビジョンもなく、軽はずみな発言して欲しくないですよね。




クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

連れ合いがデイケア^二行ってますが、みなさん良くしてくれます。一人でも離職者のいない職場であってほしいです。
プロフィール


管理人: ケロケロ

40歳、大阪府在住。
特養勤務、居宅ケアマネジャーと相談員。

◆主な資格◆
・社会福祉士
・主任介護支援専門員
・介護福祉士
・認知症ケア専門士
・福祉住環境コーディネーター2級
・第二種衛生管理者など

趣味は映画と家庭菜園

※リンクはフリーです。
※相互リンクを希望の際はお声をおかけください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター

現在の閲覧者数:
ランキング



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
お買い物
楽天で探す
楽天市場



介護専門求人サイト
書籍紹介
検索フォーム


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
逆アクセスランキング
参考にどうぞ☆
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

高齢者福祉総合施設「バーデンライフ中川」のブログ

介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント

まごれん!~真ごころのレクと機能訓練~

picospoonの小さな毎日 part3

一社*在宅療養ネットワーク

介護の道
ご参考にどうぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。