アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液検査で認知症リスクが!!


少し前のニュースになりますが、採血で認知症リスクがわかるという

ニュースがありました。

☆認知症の予備軍の「軽度認知障害(MCI)」の人は推計」で」400万人。

放っておくと5~7年で約半数が認知症に進むと言われる。

このMCIを早く見つけ、認知症への移行を防ぐ取り組みが始まっている。

[MCIスクリーニング検査」は、血液を調べてMCIである可能性を判定

する。筑波大学発のベンチャー企業MCBIと、同大学病院精神神経科

の朝田教授らとの共同研究で生まれた。

認知症の一つであるアルツハイマー病は、アミロイドβという物質が

20年ほどかけて徐々に脳内にたまって発症する。

これは誰の脳にも発生するが、本来はそれを排出したり毒性を

弱めたりする仕組みが備わっている。

血液検査では、この仕組みにかかわる3つのたんぱく質を調べ、

ごく初期の段階からMCIの兆候を捉える。

「435例を対象にした臨床研究の結果、約8割の精度でリスクが判定

できた」とMCBIの内田社長は話す。検査に必要な血液は10ml程度と

ごくわずかである。

<チェックするのは3つのたんぱく質>
・アミロイドβを脳から髄液中に排出するたんぱく質
・アミロイドβを食べて処理するたんぱく質
・アミロイドβにくっついて毒性を弱めるたんぱく質

結果は4段階で示されるとのこと。

費用の目安は、問診・相談も含め、2~3万円。

現在、全国100ヶ所近い医療機関で検査を受けられる。

ちなみに、MCIスクリーニング検査導入医療機関はインターネット

で検索できます。

リスクが高いと判断された人は、早めに医師の診断を受けた

方がいいでしょう。とのことです。

少しでも早期発見できればという気持ちと、受けるのが怖いと

いう気持ちの中で葛藤が生じるかと思いますが、前向きに

検討いただければと思います。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール


管理人: ケロケロ

40歳、大阪府在住。
特養勤務、居宅ケアマネジャーと相談員。

◆主な資格◆
・社会福祉士
・主任介護支援専門員
・介護福祉士
・認知症ケア専門士
・福祉住環境コーディネーター2級
・第二種衛生管理者など

趣味は映画と家庭菜園

※リンクはフリーです。
※相互リンクを希望の際はお声をおかけください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター

現在の閲覧者数:
ランキング



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
お買い物
楽天で探す
楽天市場



介護専門求人サイト
書籍紹介
検索フォーム


カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
逆アクセスランキング
参考にどうぞ☆
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

高齢者福祉総合施設「バーデンライフ中川」のブログ

介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント

まごれん!~真ごころのレクと機能訓練~

picospoonの小さな毎日 part3

一社*在宅療養ネットワーク

介護の道
ご参考にどうぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。