アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護医療の連携


介護保険制度の今後の大きな流れとして地域包括ケアと

いうことが掲げられています。

色々な取り組みを進めている地域もあれば、まだまだこれからという

地域まで様々です。

今後進めていくべきことといえば、第一に介護と医療の連携ですが、

現状では全然できていないといっても良いのではないでしょうか?

たまたま医師の立場からとケアマネジャーの立場からとの話を

聞く機会がありました。

ある利用者(患者)について、医師とケアマネジャーが連携して

支援している事例もあり、ごく一部ではできているのですが、

市町村単位でみると、まだまだできていない。全くできていない。

というところが多い現状です。

専門職団体として理解し合い、協力し合うことが必要ですが、

現時点では、お互いの主張は平行線なのかな?という気も

します。現実難しいと感じます。

一人の医師として、一人のケアマネジャーとして連携していき、

個人と個人の関係ができていけば、おのずと広がっていくのでは

ないでしょうか?

医師は介護保険をわかっていない。ケアマネジャーは医師を

理解していない。そんな意見が多いようです。

医師がどれだけ介護保険を理解しようとするか?

ケアマネジャーがいかに敷居が高いとされる医師に近づいて

行けるのか?

皆様の地域ではどうでしょうか?







クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

コメントの投稿

非公開コメント

仰るとおり

初めてコメントさせていただきます。

ケロケロさんの仰るとおりこれは永遠の課題かもしれませんね。

特に大きな病院(国立。県立等)になればなるほど難しくなっているような気もしますが、逆にここ2年位でしょうか私どもの地域では医師とはなかなか話すことができない代わりに病院にある地域医療連携室がかなりケアマネとのやり取りをまめにしてくれるようになり昔と比べたら病院への敷居もずいぶん低くなったような気がします。
プロフィール


管理人: ケロケロ

40歳、大阪府在住。
特養勤務、居宅ケアマネジャーと相談員。

◆主な資格◆
・社会福祉士
・主任介護支援専門員
・介護福祉士
・認知症ケア専門士
・福祉住環境コーディネーター2級
・第二種衛生管理者など

趣味は映画と家庭菜園

※リンクはフリーです。
※相互リンクを希望の際はお声をおかけください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター

現在の閲覧者数:
ランキング



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
お買い物
楽天で探す
楽天市場



介護専門求人サイト
書籍紹介
検索フォーム


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
逆アクセスランキング
参考にどうぞ☆
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

高齢者福祉総合施設「バーデンライフ中川」のブログ

介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント

まごれん!~真ごころのレクと機能訓練~

picospoonの小さな毎日 part3

一社*在宅療養ネットワーク

介護の道
ご参考にどうぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。