アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリ被害!!


月末でもあり、本日数件訪問しました。

あるお爺さんですが、要支援1の方で認知症なしの方です。

この方が、数日前小さな公園で休憩していたら、白衣のような姿

の中年男性が近づいてきて、気さくに話しかけてきたそうです。

「自分は医者で、あちこち回って体の調子を診てあげてるます。

先日2人ほど、お年寄りを救いました。」などといい人を装い

ながらしばらく話していたそうです。そのうちに手を挙げてみて~

立ってみて~などと言いながら体の触れ始めたそうです。

我々であれば、近づいてきた時点で『怪しいヤツ』と思うのですが、

そのお爺さんは、親切にいろいろ話しかけてくれ、いい人と思って

しまい、ついつい言われるがままにしていたそうです。

しばらくして男性は去って行き、お爺さんも買い物をして家に

帰ろうと思って、近くのお店で少し買い物を・・・

いざ支払おうとしたら、財布がない!!ということに気付き、

やられた~と思ったそうです。

財布はズボンの前のポケットに入れていたそうです。

財布の中身は現金だけで、保険証やカード類等大事な物は

入っていなかったそうです。

「まったく気付かなかった。いい人だと信じてしまったあげく、

財布まで盗まれて・・・」「もう戻って来ないわな~」とすごく悲しそう

でした。人間不信になりますね~

高齢者の一人暮らしは何かと狙われがちですが、外で

しかも人目につく公園(人気は少なかったそうですが・・・)で、

堂々とスリが行われているとは・・・

色んな事件を耳にしますが、今回のようなことは初めて聞き

ました。





クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト

介護業界の現状


リクルートさんがされたアンケート結果です。

<介護サービス業に対するイメージ調査の結果>

調査は全国の15歳から64歳の男女2757人を対象に行い
1957人から回答が得られた。

・体力的にきつい 61.0%
・精神的にきつい 58.9%
・給与水準が低い 48.0%
・他人の人生に関わるのが大変 46.1%
・離職率が高い 44.6%
・個人の向き不向きがある 43.4%
・社会的意義が大きい 38.8%
・補助金頼みの業界 37.4%
・今後成長する業界 30.9%
・資格や知識を活かせる 29.8%
・小規模の会社が多い 29.8%
・社会的地位が低い 29.6%

このような結果となり、圧倒的にネガティブイメージが多い。


<離職理由の男女差>

介護職を辞めた人に聞いた主な理由は、

・体力的にきつい 23.3%
・精神的にきつい 20.4%
・体調がすぐれない 19.4%
・給与水準が低い 16.0%
・尊敬できる仲間や上司がいない 14.1%
・社風が良くない 11.2%
・やりがいを感じなかった 9.7%

このような結果となった。

「体力的にきつい」 「精神的にきつい」 「体調がすぐれない」

は女性に多く、「給与水準が低い」 「尊敬できる仲間や上司がいない」

は男性に多かった。

先日、安倍総理が「介護離職ゼロ」を打ち出したことで、国有地を

介護施設に転用する方策が挙がっているが、建物があっても人が

集まらないのでは意味がない。

既に現在、建設済みだが人が集まらず、入所できない施設もあります。

仮に人が集まるようになったとしても、「介護離職ゼロ」とよく言えますよね。

介護職の給与に関して、処遇改善の実施により少しは上がっていますが、

一般企業のような生産性がない為、限界があります。

デイサービスや施設等では、定員がある為、収入面は最大でも定員分

しかありません。少しでも稼働率を上げ、経費を節約するしかありません。

本当はもっと手厚く人員を配置したいところですが、収支を

考えるとそれもできません。

ビジョンもなく、軽はずみな発言して欲しくないですよね。




クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ご無沙汰です!


このブログに訪問して下さっていた方々には申し訳なく思っています。

ちょっと忙しくなってずるずると2ヶ月も更新していませんでした。

可能な限り頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

さて、止まらぬ虐待報道ですが、だんだん悪質になっていますね。

報道されるのは氷山の一角だと思いますので何とかしないと

いけませんね。一番の原因は人材不足なんだと思いますが、

解決の糸口すらないような状況ですね。

私の周辺だけでも、深刻化しています。

介護保険の改正や介護医療連携、総合事業、地域包括ケア・・・

様々な動きはあるものの、虐待に関してはどのような話し合いが

なされ、対策はあるのか?全く情報もない状況です。

施設や事業所等、個々に対策を講じて行かなければいけないのは

わかりますが・・・

特養・老健・療養型等の介護保険施設以外の施設でも

同等に厳しくしていくべきだと思います。

あとはメンタルヘルスですね。介護職の大半はストレスを抱えて

いる状況ですので・・・

皆様は昨今の虐待事件どう感じておられますか?



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
プロフィール


管理人: ケロケロ

40歳、大阪府在住。
特養勤務、居宅ケアマネジャーと相談員。

◆主な資格◆
・社会福祉士
・主任介護支援専門員
・介護福祉士
・認知症ケア専門士
・福祉住環境コーディネーター2級
・第二種衛生管理者など

趣味は映画と家庭菜園

※リンクはフリーです。
※相互リンクを希望の際はお声をおかけください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター

現在の閲覧者数:
ランキング



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
お買い物
楽天で探す
楽天市場



介護専門求人サイト
書籍紹介
検索フォーム


カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
逆アクセスランキング
参考にどうぞ☆
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

高齢者福祉総合施設「バーデンライフ中川」のブログ

介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント

まごれん!~真ごころのレクと機能訓練~

picospoonの小さな毎日 part3

一社*在宅療養ネットワーク

介護の道
ご参考にどうぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。