アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスで・・・


”やせ過ぎが認知症につながる”常識を覆す結果に、

195万人分のデータを分析


40歳以上になった時点でやせ過ぎていると、老後の認知症

リスクが高まることが分かった。

イギリスのある研究グループが、有力医学誌において

2015年4月9日に報告している。

<これまでの仮設と反対の結果>

認知症と肥満は重要な健康問題となっている。中年での肥満は

老後の認知症につながると言われている。

研究グループは、BMIと認知症のリスクの関連を検証した。

英国の「臨床診療研究データリンク」の情報に基づいて、

1992年から2007年の間にBMIが記録されている40歳以上の

195万8191人分のデータを分析した。

追跡は、対象となった人の死亡、転院、あるいは認知症と最初に

診断を受けるまでのいずれかとした。

既に認知症の記録がある人は除外した。

「ポワソン回帰分析」と呼ばれる方法を用いて、BMIの範囲別に

認知症の発生率を算出した。

対象となった人の平均年齢は55歳。平均追跡期間は9.1年だった。

認知症は4万5507人が発症し、1000人年あたり2.4人だった。

※人年という単位は、人数と追跡調査した年数を掛けあわせた単位。

 例えば、100人を10年間追跡調査すると100人×10年で1000人年

 となる。

<太っているほど認知症の発生率が下がる>

BMIが20~25の範囲にある健康な体重の人と比べて、

BMIが20以下の痩せている人は認知症のリスクが34%

高かった。さらに、BMIが増えるほfど認知症の発生率は下がり、

BMIが40以上の肥満の人では健康な体重の人と比べて29%も

低かった。この傾向は追跡期間中の20年で変わらなかった。

「なぜこのような結果になるのか、さらに研究を進める必要がある」と

研究グループは指摘する。

痩せればよい!というわけではないかも知れない。

という記事を見つけました。

普通が一番!ということでしょうね。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト

介護施設での虐待


過去3年間に高齢者への虐待やその疑いがあったとする

介護施設などは全国で1500余りに上ることが、NPO法人の

調査でわかりました。

この調査は、東京のNPO法人が厚生労働省の補助金を受けて

全国の介護施設などを対象に調査したもので、全体の26%に当たる

9000余りの施設から回答を得ました。

それによると、過去3年間に入所する高齢者への虐待やその疑いが

あったと答えた施設は1510か所で、全体の17%に上りました。

虐待やその疑いがあったと答えた施設に職員の配置状況を尋ねると

「十分」と答えた施設は全体の30%だったのに対し、「やや不足」

「不十分」と回答した施設は68%で、職員の不足が虐待に関係して

いることがうかがえます。

このほか、国がやむを得ない場合を除き禁止している身体拘束に

ついては、治療の支障になることなどを理由に行っていると答えた

施設は、全体の23%に当たる2069か所ありました。

調査を行ったNPO法人全国抑制廃止研究会は、「介護現場では

慢性的な人で不足から職員に過重な負担やストレスがかかる傾向

があり、こうした職場環境が虐待につながっている恐れがある。

職員の待遇を改善させる対策が必要だ」と話している。

とのことであった。

これらは、待遇の問題だけではなく、施設の職員に対する

指導・教育その他の問題も大いに関係していると思われます。

全国の介護施設の26%の回答で1500余りということは、

単純にその4倍6000程度の施設で、同様の状況であることの

予測がつきます。

それぞれの施設で独自に対応策を考えていく必要があると思います。

在宅で介護されている方々は施設での現状をどのように感じておられる

のでしょうか?





クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

是非行ってみて下さい


4/16(木)~18(土)まで大阪南港にあるインテックス大阪

にて開催される予定です。

高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展

「バリアフリー2015」(主催:社会福祉法人 大阪社会福祉協議会、

テレビ大阪)

広い敷地にたくさんのブースがあり、見て聞いて触わることができます。

毎年開催されているので、行ったことがある方も多いのではないでしょうか?

専門職の方は仕事中に行かれる方も多いのではないでしょうか?

私は仕事で行けませんので、何か良い物があれば教えて下さいね。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

うつ傾向



本日、訪問した利用者様ですが、1ヶ月ほど前に奥様を

亡くされたとのことでした。

これまですべて奥様に頼ってきたようで、仲はそれほど良く

なかったそうですが、まだ奥様の死を受け入れられない様子でした。

現在の生活状況や過去のことその他色々聞かせていただきましたが、

何を話しても思い出してしまうようで、ずっと泣いておられました。

奥様に頼ってきたとはいえ、身の回りのことはある程度できていた

のですが、ここ最近は食欲もなく、生活意欲・行動意欲が減退して

いるようでした。

同席されていた娘様は遠方にお住まいで、現状をすごく気にされて

いました。

とりあえず外出の機会を確保したいとの娘様の希望で、短時間の

デイサービスから利用していく方向となりました。

本人様はしぶしぶ納得といった様子です。

喪失感が強く、一番つらい時期だと思いますので、焦らず少しづつ

関わっていこうと思っています。





クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

新しい形、『ケアローソン』


コンビニ大手の「ローソン」は、埼玉県川口市に初となる

介護支援サービスを提供するコンビニに1号店を4月3日

にオープンした。

地元の介護事業者と業務提携し、介護支援する施設が

併設された店舗には、売り場に介護相談窓口が設置され

ている。介護相談が可能な専用カウンターが併設され、

ケアマネジャーまたは相談員が常駐する。

サロンスペースもあり、設置された骨密度計や血圧計に

高齢者が集う。介護情報や地域のサークル・イベントなどの

情報を提供する場としても利用でいる。

売り場には、通常商品に加え、大人用紙オムツや、介護食を

意識した食品などの介護関連商品が並ぶ。

中には補聴器専用の特殊な電池等なども扱っており、

日用品、雑誌 ・書籍など約70品目を揃える。


ローソン社長の玉塚社長は「高齢化は今や、日本全体が

抱える問題。」地域のニーズに対応し、ローソンとして変化

することが必要」と述べた。

この「介護コンビニ」形態の店舗を、2017年度末までに

30店舗に広げるという。

飽和状態といわれるコンビニ業界では、高齢者対象の

弁当宅配などの新しいサービスや商品開発に力を入れ、

シニア層の取り込みを狙うかまえだ。






クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
プロフィール


管理人: ケロケロ

40歳、大阪府在住。
特養勤務、居宅ケアマネジャーと相談員。

◆主な資格◆
・社会福祉士
・主任介護支援専門員
・介護福祉士
・認知症ケア専門士
・福祉住環境コーディネーター2級
・第二種衛生管理者など

趣味は映画と家庭菜園

※リンクはフリーです。
※相互リンクを希望の際はお声をおかけください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター

現在の閲覧者数:
ランキング



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
お買い物
楽天で探す
楽天市場



介護専門求人サイト
書籍紹介
検索フォーム


カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
逆アクセスランキング
参考にどうぞ☆
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

高齢者福祉総合施設「バーデンライフ中川」のブログ

介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント

まごれん!~真ごころのレクと機能訓練~

picospoonの小さな毎日 part3

一社*在宅療養ネットワーク

介護の道
ご参考にどうぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。