アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザB型


昨年12月~今年にかけてピークに広がった

インフルエンザですが、ほとんどA型でした。

最近あまり話題にならなかったので、終息へ向かってる

と思いきや、最近はB型が多いとかで・・・

先日、施設内で2名がB型に感染していました。

もう大丈夫と思っていたのにまたインフルエンザで

感染対応・・・

暖かくなるまでわかりませんね~


3月に入りあまり更新できていませんが、元気です!

もう年度末で月末で、おまけに介護報酬改定があるので、

しゃれにならないくらい忙しくて・・・

また体調崩さないように頑張ります。

皆さんがんばりましょうね!!





クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト

老後の備え


老後の備えの基礎となるのが年金です。

年金がどれくらい受け取れるのかがわかったら、老後30年間に

必要なお金のシミュレーションをしてみましょう。

収入は、年金、退職金、その他収入、個人年金等です。

支出は、生活費、住居費、趣味娯楽費、交際費があります。

生活費を細かく見ていくと、食費、家賃、水道光熱費、交通費、

通信費、保険医療費、被服費等に分けられます。

人によっては、教育費や車両維持費、ペットにかかる費用なども

計上しなければならない方もいると思います。

生活費には、節約できるものとできないもの、老後になると増えるもの

等3種類あります。

食費、被服費、通信費、交通費は節約できます。

住居費・光熱費はそれほど節約できず、医療費は大きく増えてしまいます。

また新たに発生するのが、介護に関わる費用です。

医療費や介護に関わる費用は、それがいつまで続くのかで大きく

変わってきます。

上記支出等を参考にして、まずは自分にとって必要と思われる

老後30年間の費用、得られる収入を計算する。

【収入+現在の貯蓄額-支出=不足する老後の必要性】

では、上記の式に当てはめて計算してみましょう。

出た答えが、今後新たに貯めるべき金額となります。

皆さん是非、計算してみて下さいね。


クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

またまた調子が・・・


喉が痛い!時々なるのですが、結構長引きます。

他に症状がなければ、風邪ではないと言い張ります!

少しづつ暖かくなってきていますが、来週は4月下旬並みの

気温になると・・・

そしてもう一度、寒波が来るのでしょうね。

気温差が大きいと体がついていけないのでしょうか?

高齢者の方はもっと影響受けやすいでしょうね。

日々の生活もですが、外気の変化にも注意して過ごし

ましょう。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

緊急通報装置


独居高齢者用に緊急通報装置というものがありますが、

どの地域でもあるかと思いますが役所や社協等に申し込んで

設置してもらいますが、なかなかこれだけでは不安はなくならない

と思います。

役に立つかどうかは、使ってみないとわからないということも

ありますしね。

実際に設置されている方もよく見かけますが、今のところ

使ったことがあるという方には出会ってないです。

設置はしているが、日常あまり意識されていないように感じる

ことが多いです。

先日の記事に書かせていただいた利用者さんのように、

いざという時でも動けなかったり、ボタンを押すことができない方の

ほうが多いのではないでしょうか?

警備会社などでも様々なサービスがありますが、それなりに

費用もかかりますし。

どれが使えるのか?役に立つのか?は返答できないですね。

携帯などで、家の様子が見れるとかいうサービスは使えるかな?

と思いますが。

独居の高齢者が増え続けている現在、このような不安は

なくならないでしょうね。

これは・・・という物があれば、私も知りたいと思います。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

独居高齢者の不安


今朝ある利用者様の往診Drから連絡が入りました。

倒れた!と聞きすぐに訪問。

喘息持ちの方で、この冬は落ち着いていたのですが、

昨日から急激に寒くなったからでしょうか?

訪問した時は、苦しそうに呼吸され、点滴中でした。

点滴が終わってしばらくすると落ち着いてきて少し話せる

状態になりました。

話をしていると、夜中からしんどかったけど、電話もできなかったと

言われました。

本日たまたま朝一番に往診予定でしたので、早く発見できたの

ですが、往診や介護サービスがない日で、電話もできない状況

であれば、どうなっていたか・・・

支援者側も心配ですが、そのような状況にある本人が一番

不安だと思いました。

独居の高齢者が増えていく中で、このような高齢者もどんどん

増えているのだと実感しました。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

健康寿命


「健康でいる期間」を”健康寿命”といいます。

つまり、健康上の問題で日常生活が制限されることなく、

生活できる期間のことです。

日本人の平均寿命は男性80歳、女性86歳なのに対し、

健康寿命は男性70歳、女性73歳と言われています。

平均寿命と健康寿命の差は「不健康」な期間を表して

いるとも言えます。

いかに充実した人生を過ごせるかは、何年生きたかではなく

健康寿命がどれでけ長かったか?と言えそうですね。

健康寿命はどうやって伸ばせばいいのでしょうか?

戦後の日本で急激に平均寿命が延びたのは、医療や

福祉の制度が整ったことや、食生活が改善されたためです。

現在、厚生労働省では国民運動としてスマートライフプロジェクト

を展開しており、健康寿命を延ばすための具体的な方法として

次の3つを提案しています。

・スマートウォーク(毎日10分の運動)
・スマートイート(1日プラス70gの野菜)
・スマートブレス(禁煙)

適度な運動、健康的な食生活、そして禁煙。

やってみると案外難しいものですが、10分歩くくらいは

無理なくできそうですよね。

是非、自分の為、家族の為にいつまでも元気でいたい方は

頑張ってみてはいかかでしょうか?



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

子供との交流が心のケアに


京都のある特別養護老人ホームでの取り組みですが、

「おもちゃライブラリー」を開設して、地域の幼老交流の場として

定着している。

日本おもちゃ図書館財団が、子供たちにたくさんのおもちゃを

用意して、気に入ったおもちゃで遊ぶ機会を提供するボランティア

活動。

現在は月1回の開催。子供たちとの交流がお年寄りにとって

心のケアにつながるという勧めを受け、交流の場作りとして

開設するに至った。

これに合わせ、ボランティアによるカフェも開設し、親子や孫

ひ孫とお年寄りの交流が深まった。

またそれに合わせてお誕生日会も開かれるようになり、

地域ぐるみのにぎやかで楽しい会になっている。

とのことです。

確かに、子供たちが来ると、普段見せることのない笑顔を

され、嬉しそうにされます。

ほんの少しの時間でも、このような機会ができれば、

いくらか心のケアができているのかもしれませんね。





クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

温水洗浄!


家庭のトイレに普及した「温水洗浄」機能が介護が必要な

人向けのポータブルトイレなどにも広がりつつある。

温水でおしりを洗う快適さだけではない。人に吹いてもらう

必要がなく本人の尊厳が守られることや、清潔さを保って

かぶれを防げる点でも評価されています。

離れた場所にあるトイレまで移動しなくても済むよう、

ベッド脇に置くのがポータブルトイレである。

注目され始めたのは、これに温水洗浄機能が付いたタイプだ。

備え付けのタンクに水を入れ、リモコンや座面わきのボタンを

操作すると、ノズルから温水が出てお尻を洗浄する。

これは、TOTOやパナソニックエイジフリーライフテック、

アロン化成などが製造している。価格は税抜きで、

13万~16万円程度。安いのか高いのか?

これはちょっと高い気がしますよね~

ただ、必要とされる方にすれば安い買い物なんでしょうね。

また新商品やアイデア物品の情報があれば紹介しますね。







クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

新芽がたくさん


まだまだ寒い日が続きますが、3月に入って何となく

嬉しくないですか?

待ちに待った春がもうすぐやってくるという気分に

なりますよね~

あっ!でもこれは冬が好きな方にすれば、全く逆で

全然嬉しくないですよね。

庭や玄関先にある植物の新しい芽がス少しづつ大きく

なっていきます。それらを眺めてると嬉しくなります。

何とか枯らさずに大きく育てたいと思います。

勤務先でも4月には何名かの新人さんが入職してきます。

介護という職に興味を持ち、専門学校で勉強を重ね、資格を

取り、さあ4月から社会人!という夢と希望に満ちた新人さんが

来ます。

花木と人間は違いますが、新しい芽を枯らさないように、

しっかり育てていかなければなりません。

早く一人前になりますように!!



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

介護職員による高齢者虐待増加!


厚生労働省は2013年に確認された特別養護老人ホームなどの

介護施設や居宅サービスの職員による虐待件数が、221件と

前年度より66件増えて過去最多を更新したと発表しました。

なぜこれほど増えたのか?

原因としては、施設の閉鎖性、隔離性の問題に加え、仕事の過酷さ

に対して給料が低い、人手不足による疲労、ストレスなどです。

しかし、これらはどの施設でも共通すること。

虐待が起こらない施設と起こる施設で、何が異なるのかが問題です。

そしてそれは、職員に対する教育と高齢者への理解の違いでは

ないかと考えられます。

相手を人として尊重する気持ちが決定的に欠けていますね。

特に認知症に対しての正しい知識を持ち、その方が生きてきた

時代背景や文化を知らなければ、相手の気持ちに寄り添った介護

などできません。

その方の歩んでこられた歴史を知ることで、職員の気持ちにも変化が

出てくるのではないでしょうか?

4月からはこれまで以上に経営が圧迫され、職員の待遇低下や教育

機会の減少などが懸念される中、いかにして虐待を起こさない施設を、

そして職員を作るか、もっと真剣に考える時期にきているのではないで

しょうか?



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
プロフィール


管理人: ケロケロ

40歳、大阪府在住。
特養勤務、居宅ケアマネジャーと相談員。

◆主な資格◆
・社会福祉士
・主任介護支援専門員
・介護福祉士
・認知症ケア専門士
・福祉住環境コーディネーター2級
・第二種衛生管理者など

趣味は映画と家庭菜園

※リンクはフリーです。
※相互リンクを希望の際はお声をおかけください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター

現在の閲覧者数:
ランキング



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
お買い物
楽天で探す
楽天市場



介護専門求人サイト
書籍紹介
検索フォーム


カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
逆アクセスランキング
参考にどうぞ☆
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

高齢者福祉総合施設「バーデンライフ中川」のブログ

介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント

まごれん!~真ごころのレクと機能訓練~

picospoonの小さな毎日 part3

一社*在宅療養ネットワーク

介護の道
ご参考にどうぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。