アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お休みでした


今日はお休みでしたが、昼前からくしゃみ鼻水が

止まりませんでした。

今のところ大乗そうですけど・・・

もともと気候の変化に弱くよく鼻風邪をひいてたので。

明日は日曜ですが、明日から仕事頑張ります。

気温もまた下がりますが、皆さんも風邪をひかないように

気をつけて下さいね~





クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト

相続法制見直し


相続法制の見直しを検討してきた法務省の作業チームは、

家事や介護を担ってきた配偶者に、より多くの遺産を分割

できるよう、夫婦が協力して作った財産では配偶者の取り分

を増やすことを検討するなどとした、報告書の案をまとめた。

相続法制を巡っては、一昨年、「婚外子」の遺産相続を「嫡出子」

と同等にするための民法の改正が行われた際、伝統的な

家族制度の維持に向けて、相続面などで配偶者の優遇策を

検討するべきだという意見が出されました。

これを受けて法務省は有職者による作業チームを設置して

相続法制の見直しを検討してきたもので、30日までに報告書

の案がまとまりました。

それによりますと、家事や介護を担ってきた配偶者には、

より多くの遺産を分割できるよう、夫婦が協力して作った財産

では配偶者の取り分を増やすことや、遺産の分割によって

配偶者が住まいから出て行かなくても済むよう、配偶者の

「居住権」を保護することなどを検討するとしています。

法務省は報告書案の内容を踏まえて、相続法制の見直しを

来月開かれる法制審議会に諮問することにしています。

とのことです。

情勢によって、法律等も少しづつ変化していきますね。

また決定次第ご報告させていただきます。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

人手不足!


日本全国の市町村から様々な取り組みのニュースが入って

かます。行政が違えば、介護保険料も変わり、サービスも全然

違ってきますよね~  

役所の考え、職員の質等で全然違ってきます。

とある市は、周辺の他市よりも遅れている様子。

何を話し合っても市の、レベルが低いとよく聞く。

話をしても、大半が逃げといいますか、地域包括に

丸投げ状態です。

職員のレベルが低いと皆が言っております。

各事業所等の質を問うのであれば、まず市町村等の

質を上げるべきだと思います。





クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

2025年への「新オレンジプラン」


  認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)
~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~の概要

・高齢者の約4人に1人が認知症の人又はその予備軍。
高齢化の進展に伴い、認知症の人はさらに増加
 2012(平成24)年462万人(約7人に1人)
 ⇒2025(平成37)年約700万人(約5人に1人)
・認知症の人を単に支えられる側と考えるのではなく、認知症の
 人が認知症とともによりよく生きていくことができるような
 環境整備が必要。

<新オレンジプランの基本的考え方>
認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域の
よい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を
目指す。

・厚生労働省が関係府省庁(内閣官房、内閣府、警察庁、金融庁、
 消費者庁、総務省、法務省、文部科学省、農林水産省、
 経済産業省、国土交通省)と共同して策定
・新プランの対象期間は団塊の世代が75歳以上となる
 2025(平成37)年だが、数値目標は介護保険に合わせて
 2017(平成29)年度末等
・策定に当たり認知症の人やその家族など様々な関係者から
 幅広く意見を聴取

<7つの柱>
①認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進
②認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供
③若年性認知症施策の強化
④認知症の人の介護者への支援
⑤認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進
⑥認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデル、
  介護モデル等の研究開発及びその成果の普及の推進
⑦認知症の人やその家族の視点の重視

という内容のものが昨日発表されています。

特別新しい内容が盛り込まれているわけではないような気も

しますが、今後どのように変化していくのでしょうか?

また情報が入り次第お伝えしますね。




クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

一部負担増し


4月の介護保険法改正で、一定額以上の収入のある方は

サービスの利用料が1割→2割へと負担が増えるとのこと

です。

収入の多い方は良いかと思いますが、こうのような時、

基準を少しだけ超えるような方は負担感が増しますよね。

1割負担で利用できるという介護保険制度が少しづつ

崩れていきそうですね。

また改めて詳細を紹介したいと思います。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

研修


日ごろ色んな研修がありますが、今日は外部の講師を

招いて、施設内で認知症研修がありました。

内容的にはそれほど難しい内容ではなく、新任の職員にも

十分理解できるものでしたが、改めて思い出すというか、

気づかされるところもあり有意義な時間でした。

また初心を振り返ることができました。

認知症に関する研修は、一般向けにもあちこちで開催されて

いますし、珍しくはなくなってきています。

実際は似た内容のものが多いですが、その時の講師

の方が話す言葉は、長年の経験も多く7含まれており、参考に

なるとともに勉強になります。

仕事でなければ、このような話を聞く機会もあまりありませんが、

多くの人の話を聞き、日ごろの自分の支援がどうなのか振り返る

ことでまだまだ自分自身を高めていけると感じました。





クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ノロウイルス


今年はインフルエンザの陰に隠れておりあまり話題に

なりませんが、ノロウイルスの集団感染が各地で出て

います。

北海道では22日、ホテルと介護保険施設2ヶ所の計3ヶ所

の利用者と職員計53人が嘔吐や下痢の症状を訴え、

23人からノロウイルスを検出したと発表した。

全員が快方に向かっている。

札幌市保健所によると、市内のホテルで利用者26人が症状を

訴え、うち12人からノロウイルスが検出された。

利用者が8日に食べた仕出し弁当の調理担当者1人からも

ノロウイルスが検出されたことから、原因は弁当と断定。

弁当業者に22日から5日間の営業停止を命じた。

室蘭保健所管内の介護保険施設では、利用者と職員の

計15人が12~19日に症状を訴え、うち3人からノロウイルスを

検出。上川保健所管内の介護保険施設でも、入所者と職員計

12人が19~21日に症状を訴え、うち7人からノロウイルスが

検出された。ということです。

よく2枚貝に注意と言われますが、生かきは極力控えて火を通した

ものを食べるようにしましょう。







クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

2/6です!


タイトルだけを見ると何のこっちゃ?ですが、

先日介護報酬が2.27%引き下げられると決まりました。

全体でそれでけ引き下げなので、在宅を手厚くした分、

特養等は本当に厳しい状況です。

それぞれのサービスの単位数決定するようです。

それが発表されてやっと来年度のシミュレーションができ、

目標設定ができます。

各事業の方向性が話し合いできないので、早く発表して

欲しいと思います。

何とか、人を維持して、サービスの質も保っていけるよう

頑張っていきたいと思います。







クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

サービス付き高齢者向け住宅の現状


国交省は22日、高齢者が賃貸契約で入居し生活支援を受け

られる「サービス付き高齢者向け住宅」(サ高住)に関する

全国調査結果を公表し、35%の住宅で運営事業者や

提携事業者が事実上、入居者への訪問介護サービスを独占

している実態が判明。

サ高住では運営事業者が訪問介護や通所介護などを併設する

例が多いが、入居者は外部の事業者を選ぶこともできる。

監督権限を持つ自治体から、一部のサ高住が高齢者の意に

反して利用させる不適切な「囲い込み」をしているとの指摘が

出ている。

一部の事業者が重い要介護状態の生活保護者を受け入れ、

介護報酬を稼いでいる可能性も浮かび上がった。

とのニュースがありました。

特養等の待機者が多く、施設が不足している現状では

ありますが、有料老人ホームは高すぎるという方など、

急激に増え続けているサ高住。

経営者側の経営を安定させたいという意向はわかるが、

利用者の意に反してとなれば、不適切であると指摘されても

仕方ないと思います。

今後は経営者側も利用者側も注意が必要ですね。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

認知症を防ごう!


今後ますます増加すると予想される『認知症』の

予防フォーラム(県主催)が福岡市でありました。

九州大学の疫学調査に携わる同大大学院の清原裕教授

が講演し、「食事における野菜と乳製品の割合、運動を

増やすなどライフスタイルの見直しで認知症は防げる!」

と強調した。

18日にあり、約250人が聴講した。

厚生労働省の調査によると、高齢者の15%が認知症

と推定される。

清原教授は疫学調査から、中年~老年にかけて、

糖尿病になった人や喫煙者が認知症になる傾向が高いこと

を紹介。野菜中心の和食や乳製品を多くとることで予防率が

高まることにも触れた。

その後、病院や自治体関係者を交えたパネル討論があり、

「調味料を食べるような食事でなく、食材を味わう食生活へ」

などの提言があった。


次々と色んな発表がなされ、認知症予防に関してはこれまで

たくさんありましたが、どれを信じれば・・・と思いますよね。

基本的には、バランスの良い食事と適度の運動は必要なのだと

思います。





クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
プロフィール


管理人: ケロケロ

40歳、大阪府在住。
特養勤務、居宅ケアマネジャーと相談員。

◆主な資格◆
・社会福祉士
・主任介護支援専門員
・介護福祉士
・認知症ケア専門士
・福祉住環境コーディネーター2級
・第二種衛生管理者など

趣味は映画と家庭菜園

※リンクはフリーです。
※相互リンクを希望の際はお声をおかけください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター

現在の閲覧者数:
ランキング



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
お買い物
楽天で探す
楽天市場



介護専門求人サイト
書籍紹介
検索フォーム


カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
逆アクセスランキング
参考にどうぞ☆
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

高齢者福祉総合施設「バーデンライフ中川」のブログ

介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント

まごれん!~真ごころのレクと機能訓練~

picospoonの小さな毎日 part3

一社*在宅療養ネットワーク

介護の道
ご参考にどうぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。