アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶


昨年ブログを始めてから何とか1年間続けることができました。

こまめに更新できた月もあれば、今月のように数回のみという

状況もありました。

たいした内容ではありませんが、皆様に見ていただけてるので

続けることができたと思います。

平成27年は介護保険法改正があり、これまで以上に話題が

たくさんありそうなので、よりいっそう頑張ります!

今年1年ありがとうございました。

引き続き、来年もよろしくお願いいたします。

来年は皆様にとって、すばらしい年になるよう願っております。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト

介護報酬引き下げへ


少し前のニュースですので、皆様ご存じかと思いますが、

介護保険サービスの介護報酬(各施設や事業所に支払われる)を

2015年度の改定で引き下げる方針が出ました。

改定は原則3年ごとに実施され、引き下げられれば9年ぶりと

なります。財務省は引き下げ幅を4%台とするよう求め、1%程度に

抑えたい厚生労働省との間で調整が進められている。

引き下げによって介護事業者によっては減収になるが、人手不足が

深刻化する介護職員の処遇改善に必要な報酬は確保する。

年明けの予算編成で最終決定される。

介護報酬の改定は、利益を上げている介護事業があることを理由に

引き下げを求める財務省と、介護サービスの充実を求めて引き上げ

を主張する厚労省との間で調整が続いてきた。

厚労省は、利益率が高い特別養護老人ホームなどの報酬引き下げ

はやむを得ないと判断。増え続ける社会保障費を抑える必要からも

引き下げを認める。ただ、大幅な引き下げは、介護サービスの低下

につながるとして、下げ幅は最小限に抑えたい考えである。

介護職員の賃金は、1人月1万円程度の引き上げが可能となるよう

財源を確保する。

処遇改善は12年に自民、公明、民主3党でまとめた

「社会保障と税の一体改革」に盛り込まれている。

安倍晋三首相は消費税の10%への再増税を見送っても、

15年度から予定通りに実施すると表明した。

介護報酬は介護事業者に介護保険から支払われる費用の

公定価格である。

年間に支払う総額が原則3年ごとに改定され、今回は

15~17年度分を決める。本年度の介護保険の総費用は

10兆円で、報酬を1%引き下げれば1000億円の費用が浮く。

財源である税金や保険料、利用者の負担分が減るが、

介護事業者も減収となり、人員削減など介護サービスが低下

する懸念がある。


特別養護老人ホーム等の施設は数億円ほど蓄えているとも

言われているが、先々の施設の修繕費用等に充てられるもの

であり、また施設によっては蓄えなどできていない施設もある現状、

もし大幅に下げられれば、経営が圧迫される施設も出てくるかも

知れない。

まだまだ施設が足りず次々と建設されている状況ではあるが、

報酬上厳しい状況になれば、新規参入が減ってしまう恐れもある。

取れるところから絞り取ろうと考える前に、まだまだあるムダを

なくしていくべきではないか!

高級とりが、庶民の生活状況を理解できるとは思いませんが、

何とか今の生活を維持させて欲しいですね。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

刑務所も高齢化!


「平成25年版高齢社会白書」によると、65歳以上の高齢者人口

は3,079万人となり、総人口に占める高齢者の割合も24.1%に躍進。

どうりで、あちらを見てもこちらを見ても高齢者ばかりなことに

納得できます。

様々な分野で活躍したり、人生を謳歌したりする華々しい高齢者

がいる一方で、人生が長くなり困惑・困窮する高齢者も少なくは

ありません。

それを反映してか、様々な事件の加害者が高齢者であることも

珍しくなくなっています。

同時に、警察に検挙されて刑務所に入る受刑者の高齢化も

進んでいます。

全国の刑務所の65歳以上の受刑者は20年前の5倍、2,200人

に上っている。

ある刑務所の朝の風景であるが、工場へ向かう若い受刑者の

列の後に高齢者、さらにはシルバーカーを押す者、そして車いすの

受刑者が続く。

足を引きずる人や腰が曲がった人、杖をつく姿もある。

高齢受刑者限定の「高齢者工場」や「養護工場」を設ける

刑務所もあり、そこでは体に負担がかからない簡単な作業を

行う。全国から「空きがないか?」という問い合わせがきている

ようです。

刑務所の老人ホーム化も今後さらに増え、様々な面で問題が

出てくるのではないでしょうか?



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

音声認識による見守りシステム


先日、コンテックという会社が、ICT(通信・情報技術)を

活用した「見守り呼びかけシステム」を開発したと発表した。

音声認識による見守りシステムで、要介護高齢者や患者

の安全と安心の向上を図り、適切な看護や介護サービスの

提供、看護・介護職員の負担が軽減できる。

また、在宅看護への応用も期待されている。

「見守り呼びかけシステム」は、利用者の行動をその場で

察知し、転倒などの危険な動きを予測して「呼びかけ」や

「注意喚起」を行う。これと同時に、看護・介護職員に

通報するシステムです。

起床や離床をリアルタイムに看護・介護職員に知らせる

機能に加え、さまざまな状況に応じた適切な対応ができる

ように、行動パターンを認識した通報も行う。

また、音声認識で得た利用者の会話内容をデータ管理し、

一人ひとりのニーズに応じた看護・介護ケアプランの作成

に役立てることもできる。

高齢者向けの医療・介護ニーズが高まる中、

医療・介護現場では、高齢者の転倒防止などの安全対策

に加え、職員の業務負担の軽減が課題となっている。

ICTを用いた見守りシステムは、これらの課題解決の

一翼を担う新たな技術として期待が高まりそうだ。

という内容であった。

賛否両論あるかと思いますが・・・

介護者には限りがある。要介護者はまだまだ増え続ける。

このような状況が続けば、機械等に頼らざるを得なくなって

くるのでしょうか?

情報だけは、時代についていきたいと思います。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

また事件ですね~


今度は東京で、72歳の母親が54歳の息子の

首をスカーフで絞めて殺害ということです。

「介護に疲れた!」と・・・

疲れたとはいえ、なぜ殺してしまうのでしょうか?

我が子ですよ~

人間の心は、強いと思っていても、ある日突然に

ポッキリ折れてしまうものなんですね~

何とか周りが変化に気付いて手を差し伸べていかな

ければなくならないですね。


話変わりますが、先日は市の実地指導がありました。

7名来られましたが、大きな指摘はなくスムーズに終了!

溜まっていた疲れもお休みで吹っ飛びましたので、また

明日から頑張りまっす!!



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

不在者投票


いよいよ14日は衆議院議員の投票日ですね。

施設では事前に不在者投票を行います。

施設職員と第三者の方を立会人として。

選挙権は皆持ってますので、全員に投票意思の確認

は行います。実際に理解されており投票可能な方は少ない

のですが。

「投票する!」と言っておられても、当日「しない」とか

「あんた誰がいいと思う?」とか、投票自体を理解困難な方

もいます。

ただ、このような支援は必要であり、施設職員の仕事と

して大事なことだと思います。

施設に入ったから、今までしてきたことは「出来ない」ではなく、

今までの生活と同じことをできるような支援をしていかないと

いけないと改めて感じています。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

相次ぐ事件!


認知症の父親の顔面を殴り重体にさせたとして、大阪府

羽曳野署は6日、殺人未遂容疑で、大阪府藤井寺市、無職の

男性容疑者を逮捕した。

同容疑者は日ごろから父親を介護しており、「居間で大便をした

ことに腹を立て殴ってしまった。介護のストレスがあった」と

供述している。

逮捕容疑は同日午後5時半ごろ、自宅で父親(89)の顔面を

平手で10回程度殴り、殺害しようとしたとしている。

父親は意識不明のまま病院に搬送されたが、死亡が確認

された。

同署は容疑を殺人に切り替えて調べる。

容疑者は父親と2人で暮らしていた。

という事件が起こりました。

このブログですべてを紹介しているわけではありませんが、

毎月何件もこのような事件が起こっています。

高齢者人口・要介護者人口が増えるにつれてこのような事件は

増えていくような気がします。

今まで頑張って介護してきたが、一つの出来事がきっかけで

殺害してしまう。日ごろのストレスが一気に爆発したかのように。

防ぐにはどうしたらいいか?

当事者の意識改革だけでは防げないでしょう。

家族が、支援者が、地域が、医療機関や役所等の関係機関が、

協力し合っていけるシステム作りをしていかなければ減らないと

思います。来年度の介護保険改正においての柱の一つである

”地域ケア会議”がまさに第一歩のような気がします。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

もったいない


今日はせっかくの休みだったのですが、

風邪?喉~気管が痛くてダウンしてました。

熱はないですが、咳が出て苦しい感じです。

年々、体力が落ちて免疫力も低下しているように

感じます。

来週は実地指導があります。

明日から、必死のパッチで頑張ります。

なかなか更新できないかもですが、可能な限り

頑張りますのでよろしくお願いします。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

在宅介護を手厚く


介護保険サービスを提供する事業者に支払われる

介護報酬の来年度の改定に向けた厚生労働省の

見直し方針が出そろったようである。

急増する認知症への対応や、できる限り在宅生活を

続けるための支援を手厚くするとのことである。

国は在宅でできる限り・・・、施設から在宅へ・・・という

方向である。各サービス事業者としても報酬が高ければ

国の方針通りある程度は力を入れて行うと思うが、

在宅ではもう難しいと思っている方への支援はより難しく

なってくるような気がします。

支援者としては、できる限り在宅で頑張って欲しい。

家族はこれ以上無理!

では同じ方向には進めないですね。

介護保険が、地域が、

どう変わっていくか楽しみです。







クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
プロフィール


管理人: ケロケロ

40歳、大阪府在住。
特養勤務、居宅ケアマネジャーと相談員。

◆主な資格◆
・社会福祉士
・主任介護支援専門員
・介護福祉士
・認知症ケア専門士
・福祉住環境コーディネーター2級
・第二種衛生管理者など

趣味は映画と家庭菜園

※リンクはフリーです。
※相互リンクを希望の際はお声をおかけください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター

現在の閲覧者数:
ランキング



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
お買い物
楽天で探す
楽天市場



介護専門求人サイト
書籍紹介
検索フォーム


カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
逆アクセスランキング
参考にどうぞ☆
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

高齢者福祉総合施設「バーデンライフ中川」のブログ

介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント

まごれん!~真ごころのレクと機能訓練~

picospoonの小さな毎日 part3

一社*在宅療養ネットワーク

介護の道
ご参考にどうぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。