アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者とペット


最近は、趣味や仕事などに並んでペットの世話を生きがいに

する高齢者が増えているようです。

ペットが傍らにいると、食事の世話や散歩で一日のリズムが

整います。1人暮らしの方も家でペットに話しかけ、散歩の際

にはご近所や散歩仲間と会話の機会が増えます。

ペットによって癒されることでストレスが軽減され、心身共に

健康でいようという活力にもなるのでしょう。

一方、自分が病気になってペットの世話ができなくなったら

どうしようと、不安を抱えている高齢者の声も多く耳にします。

親類や知人など身近にペットの世話をお願いできる人が必ず

しもいるとは限りません。

そのため、こういった不安を取り除き、ペットと暮らす高齢者を

サポートしようという活動が少しづつ広まりつつあります。

例えば、飼い主を失ったペットの新しい飼い主を探す民間団体

です。また、ペットの世話は自宅でできるけど、手伝いや相談を

必要としている高齢者に動物看護師(獣医療補助者)の派遣を

行う動物病院もあります。

このほか、ペット信託といって、飼い主がもしものときに備えて

ペットの新しい飼い主に飼育費用を遺産として残し、その後の

飼育状況も確認する新たな仕組みも注目されています。

こういったサポートも必要に応じて利用しながら高齢者の方にも

ペットとともに健康で充実した毎日を送っていただきたいものですね。




クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト

盲導犬刺される!


事件は7月に起こっていますが、最近ニュースになった盲導犬が

刺された事件に関してです。

7/28に埼玉県で起きました。全盲の男性61歳のパートナー

ゴールデンレトリバーの雄9歳「オスカー」が、何者かに

右腰付近を先の尖った物で数か所刺されたとみられる。

通勤時の電車内で被害に遭った可能性が高いとみられているが、

実際は何もわからない現状である。

オスカーが着ていたシャツに血がにじんでいたことから、意図的に

シャツをめくり上げてから刺したと思われる。

動物を傷つけると動物愛護法違反罪(2年以下の懲役か

200万円以下の罰金)も適用されるが、悪質なケースや飼い主が

明確な場合などは器物損壊罪(3年以下の懲役か30万円以下の

罰金もしくは科料)が適用されるとのこと。

盲導犬は、飼い主や周囲に迷惑をかけないように、むやみに

吠えないように訓練されている。

今回の事件でも声を出さなかったため、全くわからなかった

ようである。オスカーは訓練通りに吠えたりせず、グッと痛みを

我慢していたのでしょう。

吠えないということを知っていて狙ったなら、非常に悪質である。

補助犬法が施行されてからまだ日も浅く、まだまだ社会的認知が

低く、理解を得られていないことも多々あり、障害をもった方が

補助犬と共に安心して幸せに暮らしていける地域づくりをしていかな

ければいけないと思います。

今回の事件に関して、おそらく誰か気づいていた人がいるのではないか?

怖いという気持ちもあり声をかけれなかったのではないか?

と思います。

是非とも犯人逮捕に向け、情報提供していただきたいと思います。

社会全体でこのような事件を2度と起こさないように意識向上と

助け合いの精神を育んでいければと思います。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

認知症高齢者見守りセンター


徳島県は8月1日、「認知症高齢者見守りセンター」を

件保健福祉部長寿保険課内に開設した。

認知症やその疑いがある人が行方不明となる事例は毎年増加し、

2013年は全国で1万人を突破。

徳島県では91人が行方不明の届出を提出した。

同県は、今年5月、県のホームページに「高齢者見守りポータルサイト」

を開設し、見守り体制や、行方不明・身元不明高齢者の人数などの

情報提供を開始。同時に、かねてより行っていた見守り活動を行う

企業や団体との締結を増やすなど、官民一体での活動の充実を目指して

いる。

「認知症高齢者見守りセンター」は認知症による徘徊の未然防止と

早期発見の取り組みをより一層強化することを目的に開設した。

県全域での認知症サポーターの養成を図るほか、市町村から

提供された行方不明者の情報を速やかに県内全市町村に

(必要に応じて他の都道府県に対しても)提供する機能を持ち、

夜間・休日は衛視室を通じて連絡体制を確保することで24時間・

365日対応する。ということである。

一人の住民・介護者からすれば、24時間連絡ができるというのは

非常にありがたく、心強いと思う。

サービスや取組みがたくさんあっても、理解されなければ、いざと

いう時に連絡できなければ、あまり意味がない。

それぞれの地域で安心して暮らしていけるような取組みを

行っていって欲しいと思います。




クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

介護者によるケアマネの評価とは?

在宅で家族などを介護しているケアラーは、相手の認知症が

重いとケアマネジャーへの満足度が下がる傾向にあることが、

調査の結果でわかった。

この調査は、在宅で親や配偶者などを介護する40歳以上を

対象として、今年の2月~4月に実施された。

有効回答は1381人。

結果をみると、ケアマネがそれなりに高い評価を得ている。

ケアプランへの評価では、75%が「満足」と回答。

「ケアマネの問題点」を尋ねると、「特に問題ない」が49%で

最も多かった。他の答えでは、「訪問の回数が少ない」が15%、

「ケアの自己負担が多すぎる」が11%となっており、それ以外は

1割以下の少数派にとどまっている。

ただし、重い認知症の高齢者と向き合っているケアラーは、

もう少し不満が強いようだ。


ケアマネの問題点では、30%が「ケアの自己負担が多すぎる」、

20%が「訪問の回数が少ない」、15%が「相談時間を十分に

とってくれない」と回答。

「認知症の知識が乏しく提案できない」も15%あり、

「特に問題ない」は40%まで下がってしまっていた。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

介護ベッドで死亡事故

消費者庁は、介護ベッドの手すりに挟まれて死亡する事故が

あったとして、注意を呼び掛けている。

消費者庁が8/15にホームページに掲載した

「消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について」によると、

2007年5月以降、介護ベッド用の手すりで発生した事故件数は

67件に登る。

このうち、半数以上に当たる35件が死亡事故だという。

報告されている事故の状況では、手すりとヘッドボードの

隙間に首が入る。手すりと手すりの隙間に首が入る、手すり本体の

隙間に頭や腕が入るなど、いずれも手すりの隙間に首などが

挟まれて身動きができなくなり、重傷または死亡する事故が

起こっている。

政府はこのような事故を防ぐため、2009年にJIS規格を改正し、

てすりなどの隙間の基準を強化するなど安全対策に取り組んできた。

新JIS規格の介護ベッドが普及してから、事故は減少傾向にあるものの、

まだ古い製品を使っている人も多いとみられる。

このため消費者庁では、再発防止のために新JIS規格の介護ベッドへの

取り替えを勧めている。

新JIS規格の製品に取り替えるのが困難な場合は、クッションや毛布など

で隙間をふさぐ、手すり全体をカバーや毛布で覆うといった隙間を防ぐ

対策をとると同時に、危険な状態になっていないか定期的に確認して

欲しいと呼びかけている。


一時期多くて注意を呼び掛けていると、だんだん落ち着いてきて、

落ち着いてきたら、意識が薄れていく・・・ この繰り返しである。

身近にベッド使用者がいれば、今一度注意していきましょう。





クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

いつまで続くのやら・・・


神奈川県警小田原署は18日、同県真鶴町のホームヘルパーの

男性容疑者(28)を傷害容疑で逮捕!

発表によると、容疑者は6月18日午後6時50分頃、同町内にある

勤務先のケアサービス付き高齢者向け住宅で、居住者の男性(88)

に暴行を加え、鎖骨、肋骨骨折などの重傷を負わせた疑い。

調べに対して、「けがを負わせたことはない」と容疑を否認している。

男性は同日午後6時頃から、他の居住者らと夕食をとり、同6時50分頃に

容疑者付き添いで自室に戻った。

同7時半頃、容疑者から男性の介護担当を引き継いだ女性看護師に

「体が痛い」と訴え始め、翌日の朝食時、別の女性看護師が左肩が腫れて

いることに気付いた。診察した医師が、暴行を受けた疑いがあるとして

同署に通報したという。

取材に対し、同住宅の運営会社(東京)の男性社長室長は「内部監査では

暴行の事実は確認できず、スタッフが逮捕されたことに困惑しているが、

捜査の結果を見て真摯に対応していく。」としている。

ほんとに続きますよね~   このような事件は毎月見ているような気がします。

手を出してしまう背景には、やはりストレスが大きく関係しているのでしょうか?

介護する側のストレスを軽減したり、ちょっとした変化に気付けるようにしないと

いけないですね。












クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

介護給付受給者数は?

厚生労働省は8月7日に、平成25年度介護給付費実態調査の

概説を公表した。それによると、年間受給者数は、566万500人

で、6年連続で過去最高を記録した。

【年間累計受給者数】

平成25年5月審査分から平成26年4月までの1年間における

介護予防サービスおよび介護サービスの年間累計受給者数は、

5,715万90000人となっている。

そのうち介護予防サービス受給者数は、1,246万600人、

介護サービス受給者数は4,472万7300人となっている。

【要介護(支援)状態区分び変化】

年間継続受給者の要介護(要支援)状態区分を、

平成25年4月と平成25年4月と平成26年3月で比較すると、

「要支援1」~「要介護4」において、要介護(要支援)に状態区分の

変化がない「維持」の割合が、およそ7割となっている。

ビックリ!!

全国だとこれだけの方がいるんですね~

今後どこまで増え続けるのでしょうか?

またこれだけの予防の方(要支援)の受け皿はどうなって

いくのでしょうか?

色々と情報が入り次第、紹介させていただきますね。










クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ローソンにケアマネ???


ローソンは18日、介護が必要な高齢者とその家族を支援

する新しいタイプのコンビニを、2015年に出店すると発表

しました。

昼間はケアマネジャーが常駐し、介護施設の紹介や生活面

の相談に応じる。17年度末までに首都圏や大阪市、名古屋市を

中心に約30店舗まで増やす計画とのこと。

高齢化で要介護者が増え、デイサービスや有料老人ホームを

紹介するケアマネジャーと身近に接したいという要望が高まっている

と判断した。

1号店は15年2月頃、埼玉県川口市に開く予定。

首都圏で介護事業を手掛けるウイズネット(さいたま市)がローソンの

フランチャイズチェーンの加盟店となり、店舗を経営する。

通常のコンビニより広めにし、飲食ができるサロンを店内に設けて

高齢者らが、集まりやすいようにする。

2号店以降は、フィットネスクラブ大手ルネサンスと協力し、簡単な

運動やストレッチができる場所を設けた大型店の出店を検討する。

介護事業者との提携をウイズネット以外に広げていくことも計画

している。

ローソンはこれまで、調剤薬局大手クオール(東京)と組んで、

調剤薬局と一体になったコンビニや、郵便局を併設した店舗などを

展開してきた。

正直驚きました!

また詳細がわかり次第、ご紹介いたしますね。






クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

お休みいただきました!


お盆休みをいただきまして、田舎に行ってきました。

山と海に挟まれた、本当に田舎という感じの所です。

都会のように、いたるところに施設や事業所があって、

通りに出れば、送迎の車が走っているという光景もなく、

日常と比較すればすごく違っていました。

無事に戻ってきましたので、ブログも再開します。

今後ともよろしくお願いします。




クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

高齢者徘徊対策事業


大阪府堺市は、認知症などによる徘徊高齢者の行方が

分からなくなった場合の早期発見を目指すため

「堺市高齢者徘徊SOSネットワーク事業(さかい見守りメール)」

を9月1日からスタートさせる。

同事業は、徘徊の恐れのある人の情報を事前に市に登録。

行方不明になった場合、身体的な特徴や服装の情報などを

協力者に電子メールかFAXで一斉送信。協力者は日常業務の

中での発見に努める。

9月1日のメール配信スタート時の協力者は、市の各区・地域の

高齢者施策関連部署や消防局などの公的機関だが、医師会や

交通機関などの民間にも協力を依頼する方針。

市によると、認知症による高齢者徘徊で行方がわからなくなり

市に相談が寄せられたのは平成25年度で52人。

年々増加傾向にあるという。登録受け付けは8月25日から。

本人や本人同意の上で家族らが登録申請できる。

全国で次々とこのような取り組みがされているが、今後どうなって

いくのでしょうか?

都道府県レベルで決めていく方が、明らかに早いと思うのですが、

するもしないも市町村任せなんですね~

それぞれの地域住民の不安はいつまで続くのでしょうか?



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
プロフィール


管理人: ケロケロ

40歳、大阪府在住。
特養勤務、居宅ケアマネジャーと相談員。

◆主な資格◆
・社会福祉士
・主任介護支援専門員
・介護福祉士
・認知症ケア専門士
・福祉住環境コーディネーター2級
・第二種衛生管理者など

趣味は映画と家庭菜園

※リンクはフリーです。
※相互リンクを希望の際はお声をおかけください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター

現在の閲覧者数:
ランキング



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
お買い物
楽天で探す
楽天市場



介護専門求人サイト
書籍紹介
検索フォーム


カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
逆アクセスランキング
参考にどうぞ☆
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

高齢者福祉総合施設「バーデンライフ中川」のブログ

介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント

まごれん!~真ごころのレクと機能訓練~

picospoonの小さな毎日 part3

一社*在宅療養ネットワーク

介護の道
ご参考にどうぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。