アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰宅願望強し!


昨日からショートステイ利用されている男性利用者。

老健の入所が決まっており、1週間の利用予定。

本日が2日目でございます。

小柄で、暴力行為等手におえない状況ではないが、

とにかく帰宅願望が強く、終日自分のカバンを持ち歩いて

おります。食事以外はウロウロされています。

歩行はまずまず安定しているのが救いなのですが、

ひたすらエレベーターや出口を探し求めて歩いています。

話を逸らそうとしても、頭から”帰る”ということが抜けない

状況。2日目は大きな問題ありませんでしたが、初日は、

2回脱出しそうになりました。

1回目は一人でエレベーターに乗り、ふらふらっと玄関へ。

動こうとしませんでしたが、何とかフロアへ。

2回目は夕方、非常階段で1階へ降りてきたところを職員が発見。

たまたま職員がいなければ、おそらく敷地外に出ていたでしょう。

徘徊等ある方がいるフロアなので、エレベーターはロックが

かかっており、ベランダへの窓はすべて15センチしか開かない

ようになっています(解除はできます)。

なぜ誰にも気づかれず外に出れたのか?

謎です。

おそらく、エレベーターに何とか乗り込み、上の階へ行き、

職員に見つからずに他者の居室に入り、ベランダに出た!

としか考えられないのですが・・・

びっくりするほど偶然が重なったのか?

夜間は大丈夫ですが、明日からまた所在把握を継続いたします。

「帰りたい」は消えないのでしょうか?

いろんなアプローチはしますが、効果がありません。

良い方法はないのでしょうかね~




クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
スポンサーサイト

コンビニ宅配


コンビニエンスストア大手のファミリーマートの宅配事業が

伸びている。高齢者専門の弁当宅配のフランチャイズ

「宅配クック123」を展開する「シニアライフクリエイト」の

宅配網を活用してスタートし、急成長する在宅配食サービス

への参入とともに、買い物が困難な高齢者向けに利便性の

向上を目指している。ファミリーマートは、ドラッグストアや調剤薬局

カラオケボックスとの一体型店舗を展開するなど、他業種との業務提携

によって、社会・生活インフラとしてコンビニ作りを進めている。

宅配事業は2012年12月に鹿児島市で始まり、現在は、

東京都豊島区・文京区・愛知県岡崎市・神戸市・岡山市の全国5地区

で展開している。宅配クック123の利用者に対し、カタログに掲載した

ファミリーマートの商品を弁当と一緒に配達するしくみである。

送料は無料で、対象商品は当初、宅配クック123では提供が難し

かった菓子パンと牛乳をセットにした軽食など45種類から、現在は160

種類に増やした。高齢者が買い物に困る米や水など重い物や、

電球や電池、大人用紙オムツなども含まれている。

前日の午後6時頃までに注文すれば、翌日の正午ごろと

午後6時ごろまでに届けてくれる。

宅配と同時に利用者の安否確認も実施するなど、利用者との

コミュニケーションを重視したサービスを目指している。

シニアライフクリエイトは全国に300以上ものフランチャイズ店

「宅配クック123」を展開している。

ファミリーマートもフランチャイズ制を導入しているが、

コンビニエンスストアが宅配事業に参入するには、配送のための

人件費や車両購入などの経費が必要となり、加盟店には大きな

負担になる。そこで「シニアライフクリエイトの経営資源を有効に

活用することで、双方に利益が見込める」として12年4月に子会社化

に踏み切った。


写真も掲載されていたのですが、トラックの荷台が横に開いて、

中身はミニコンビニといった感じでした。

上手いこと考えましたね~

なかなか買い物に行けない高齢者の方にとっては嬉しい

サービスですね。

現在5市区だけということなので、もっと広がっていくことを期待

したいですね。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

デイサービス増えすぎです!


三重県桑名市の例ですが、市内で通所介護(デイサービス)の

事業所が増えすぎているとして、介護保険法に基づき、

事業者指定と更新に関する協議を県に求めた。

県は協議結果に基づき、事業者の指定申請を拒否することが

できるため、市内で今後、従来型のデイサービス事業を新規で

始めるのが困難となる可能性がある。市町村が事業者指定に

ついて協議を求めるのは、全国的にも珍しいという。

介護保険法のサービス事業者のうち、デイサービス

事業者の指定と更新の権限は都道府県にある。

同市によると、デイサービスは市内に69の指定事業者が

あり、サービス実績は介護保険事業計画での見込みを

上回っている。同市の被保険者1人当たりのサービス給付月額

も、全国や県と比べて高水準にあるという。

市は多様な在宅サービスによる地域包括ケアシステムの構築を

目指しており、デイサービスに利用者が集中するのは好ましくない

と判断。今後は、原則新規の事業者指定をしないよう県と協議して

いく。

市内では、今年4月、医療行為を含む多様なサービスを24時間

提供する「複合型サービス」の事業所が県内で初めて開設されるなど

市が事業者を指定できる在宅サービスの整備が進んでいる。

市はデイサービスを抑制することで、こうした在宅サービスの利用者

が増えると見込んでいる。

といったような記事がありました。

全国的に見れば、デイサービスに限らず、一つの市に集中

しているような所は多々あるように思います。

在宅サービスを勧めていく中で、様々なサービスのバランスも

考えていただけたらと思います。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

絵本読んで~1保育園児と高齢者の交流


絵本の読み聞かせを通じて、子供と地域の高齢者が

交流する催しが26日、愛媛県松山市のある保育園で

ありました。

園児はそれぞれ気に入った本を読んでもらい、世代を

超えて童話の世界を楽しんだ。

読み聞かせは、情操教育とともに高齢者の脳を

活性化する効果も期待されるとして、市社会福祉協議会が

2013年夏から市内の高齢者サロンなどに呼びかけ、

放課後に児童クラブなどで開いている。

26日は、ふれあい・いきいきサロンの会員ら30人が

園児40人に読み聞かせた。

読み手と聞き手の組み合わせは決めておらず、七夕の

短冊に「妖怪を見つけたい」と書いた園児は、

大好きなおばけの本の読み聞かせをお願いした。

高齢者と園児の交流はどこでもされていることが多いですね。

園児と関わった時の笑顔は、普段まず見れませんし・・・

子供って不思議な力があるのでしょうか?

地域が少しでも活性化いていくような記事はどんどん紹介したいと思います。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

徘徊、暴力ありますが・・・


新規ショートステイの依頼がありました。

日常あることですが、今日は一言めに「認知症で徘徊があって、

暴力行為があります」と言われました。

また「現在、週6日デイサービスに通っておられ、これからショートステイ

を利用していこうというところです。まだ70代と若く、足腰もしっかりして

おり、徘徊がすごいです。そして気に入らないことがあれば手がでます。

今日もお試し利用の施設で、利用者さんを押し倒してしまって・・・。

何件か他の施設に問い合わせたが、『ちょっと厳しいです』と言われ

ました。」とのことでした。

他の利用者さんに対しての暴力行為があれば、利用して

いただくのは厳しいですが、お試し利用となれば、ダメとは

言えず・・・ とりあえずは話を勧めていきますが、判定でどうなるか?

と答えました。

施設としては初めに”徘徊・暴力”などを聞かされると、

やっぱり一歩引いてしまいますもんね~

女性でしたのでまだ大丈夫かと思いました。

まだ若くて、力・体力のある男性で、徘徊・暴力があるという方

もたくさんおられます。介護施設とはいえ、受け入れに関しては

困難なケースが多い現実です。

そのような方々の受け皿をどう確保していくのか?課題だと思います。

また主治医・専門医との連携も重要です。

可能な限り受け入れていけるような体制にしていかなければいけない

と感じています。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

介護福祉用具用品市場調査


国内の福祉用具や介護用品の製造・販売を行う企業を対象に

市場調査を実施した結果です。

<増える高齢者>

緩やかな上昇傾向にある高齢者人口と同様に、医療機関や

高齢者施設における福祉用具・介護用品の需要は好調である。

最近よく耳にする「サービス付き高齢者向け住宅」の新設効果も

影響を与えており、介護福祉用具用品市場へプラス要因と

なっている。

<注目すべき動向>

製品分野別にみると、在宅用介護ベッドは、新JIS規格認証製品

への買い替えが増えている。介護保険の制度改正によって、

軽度の要介護者が介護ベッドの利用は減少したが、レンタル事業者や

高齢者施設での在庫の入れ替え需要がある。

また、エアマットや耐圧分散マット、車いす、歩行器や歩行車、

シルバーカーなどの市場規模は増加している。円安によるコストは

増したが、販売単価の上昇で市場の拡大が見込まれる。

厚生労働省によると、車いすのレンタル件数や金額は順調に伸びており、

レンタル事業者向けの販売も好調だ。

移動用リフトでは、床走行式に安定した需要があり、設置式に伸びが

みられる。

<回復と成長>

特殊浴槽では、介護従事者の省力化や腰痛対策を目的とした補助金の

交付により、特殊浴槽の需要を押し上げる要因となる。

仰臥位浴装置など特殊浴槽の入れ替え時期、高齢者施設の新設需要の

継続など、一時期落ち込んだ市場規模は回復している。

大人用の紙オムツでは、施設での利用と在宅での利用ともに堅調な

推移を示している。

価格競争や単価の下落は今までと変わらないが、市場は相変わらずの

高い伸びで成長がみられる。

<福祉用具の今後は>

団塊の世代の高齢化により、高齢者人口の増加はプラスの要因

となるが、国の予算は限られており、国の介護保険関連予算の

抑制指向と、各自治体の工夫によって、地域で元気に暮らす高齢者を

維持していくことがポイントとなってくる。

今後も用具用品の需要は堅調で、2013年度(見込み)2,726億円ある

市場規模を2020年度で2,996億円(メーカー出荷金額ベース)と予測する。


単純に考えても、まだまだ要介護高齢者が増えていくので、市場は拡大します

よね。福祉用具に限ったことではないですが・・・

良い物が安く提供され、住み慣れた自宅で長く生活していけるように

高齢者を支えていただきたいと思います。




クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

子供ヘルパー出勤


熊本県産山村の小中学生でつくる「子供ヘルパー」が、

21日、地域のお年寄り宅を訪れ、身の回りの世話をした。

子供ヘルパーは、高齢者を思いやる心を育てようと、

村社協が2000年に始めた。

産山小4年~産山中1年の全員が年6回、一人暮らしの

お年寄り宅を訪れ、話し相手になったり、草取りを

手伝ったりしたいる。

この日は、児童と生徒51人が参加。

あるお宅では、5人が廊下の雑巾がけや窓拭きを

手伝うなどした。

訪問を受けたあるお宅では「一人では大変なので、

本当に助かる。元気をもらった」と笑顔。

5年生のある生徒(10)は、「きれいになって気持ちいい。

これからもお手伝いを続けたい。」と話した。

このような取り組みは、都会より町村の方が進んでいたり

しますよね~。

小さな集団(町村)の方が、助け合い精神が強いような

気がします。

大都市では、一度に全域で・・・と考えずに、少しづつ取組みを

行っていけば、次第に広がっていくのではないでしょうか?




クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

介護職員による暴行


昨日のニュースですが、

北海道札幌市の高齢者賃貸住宅で20日夜、介護職員の男が

87歳の男性に暴行し重傷を負わせたとして逮捕されました。

逮捕されたのは35歳の男性。

警察によると、容疑者は20日午後7:50頃、高齢者賃貸住宅の

1階廊下で入居者の男性(87歳)の頭などを数回殴ったり蹴ったり

して全治1ヶ月の重傷を負わせた疑い。

容疑者は、「男性(被害者)が禁煙場所でたばこを吸っていたので注意

したら口論になった」と話しているという。

ここのところ介護職員による事件も多いですよね。

ほんの些細なことで、暴力をふるってしまう・・・

短気ないわゆるキレやすい性格なのか?

わかりませんが、このような人がいることで、介護職がマイナスな

イメージを持たれることもあります。

職員の採用時にわかることではありませんが、このような人は

介護は無理ですね。

認知症介護などはもってのほかです。

現状、介護職は募集してもなかなか集まらず、不足している中で、

面接してもどのようにして見極めれば良いものか?

悩みますね。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

何とかデイサービスに


新たに相談を受けたケースですが、

老夫婦で暮らしていたが、夫が娘の自宅近くの病院に入院。

妻の方は一人になり認知症が進行し独居生活が難しくなり、

娘宅へ。娘たちは、もう自宅へ帰すのは困難と考えている。

同居の長女は一人暮らし。次女も近くにおり、可能な限り通って

いる。夫の方は最近退院したが、妻と同じく長女の家へ。

かなり疾患を抱えており、介護(見守り)が必要。

妻の方は、口調がきつい、歩行が困難、身の回りも援助が必要になって

きている。理解力・記憶力も低下している。

長女は朝から夜遅くまで仕事があり(自身の生活の為)、次女に

任せることが多い。

次女は最近疲れてきて、うつ傾向。

長女も仕事をしながら、帰ると介護があり、睡眠もまともに

とれない状況。しかも休日は両親のどちらかを医者に連れて

いく為、休みであってもも休めていない。

娘にすればとりあえず特に心配な認知症の母親をデイに

行かせたい。要介護1です。父親は認定結果待ち。

ただ母親はもともと頑固な性格もあり、デイなんて行きたくない。

ただただ自宅へ帰りたいとの訴えが続く。何とか送り出そうとするも

拒否が強くなかなかサービス利用に繋がらない。

家にいる限り、心配ごとも多く、娘たちの負担も大きくなるばかりである。

ヘルパーも受け入れない。泊りなんてもってのほか・・・

あの手この手で利用させようとするが上手くいかない。

父親も含め、一つ一つ問題を解決していくしかない。

担当するケアマネも頭を抱え、知恵をふりしぼりながら話を

聞いている。

皆の知恵を集結させて、早期に対応していく予定である。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

成立しました!


医療・介護総合推進法が18日に成立しました。

段階世代が後期高齢者の仲間入りをする2025年問題や

将来の人口減社会を見据え、医療・介護の在り方を

見直そうというものです。

正式名称は「地域における医療及び介護の総合的な確保を

推進するための関係法律の整備等に関する法律」。

公的介護施設の整備に関する法律や、医療法における病院の

機能区分や地域医療計画、介護保険法が定める介護サービスの

見直しなど、医療・介護が一体となった仕組み作りを推進するものです。

医療分野の柱は、病院の機能分担の見直しです。高度急性期、急性期、

回復期、慢性期の病床が地域においてどれだけ必要なのか、都道府県が

「地域医療構想(ビジョン)」を定めるよう求めています。

医師確保を支援する地域医療支援センターの機能も法律に位置づけました。

大きな見直しが行われたのは介護分野です。

負担増しに加え、サービスの利用が一部規制されます。

負担の面では、介護保険の自己負担が年収によっては現在の

1割負担から2割負担に引き上げられます。特別養護老人ホームや

介護老人保健施設を利用する際の補助も1000万円以上の預貯金が

ある人では、なくなります。

サービスの面では、特養への入所が「要介護3」以上に限られます。

また、軽度の介護が必要な「要支援1、2」は利用サービスの一部が

国から市町村事業へ移管されることになり、自治体による格差も

懸念されています。

医療・介護総合推進法ではこのほか、長年の懸案だった

事故調の設置も定められました。

医療関係については10月から、介護関係についてはH2015年4月以降に

順次施行されます。

成立しちゃいましたね~

こうなることはわかっていましたが、国民の声は届かなかった

ということでしょうか?

詳細はこれから話し合われていく予定です。

サービスは自治体によりますが、情報があれば、適宜

紹介していきたいと思います。



クリックのご協力をよろしくお願いします

  にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
プロフィール


管理人: ケロケロ

40歳、大阪府在住。
特養勤務、居宅ケアマネジャーと相談員。

◆主な資格◆
・社会福祉士
・主任介護支援専門員
・介護福祉士
・認知症ケア専門士
・福祉住環境コーディネーター2級
・第二種衛生管理者など

趣味は映画と家庭菜園

※リンクはフリーです。
※相互リンクを希望の際はお声をおかけください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター

現在の閲覧者数:
ランキング



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
お買い物
楽天で探す
楽天市場



介護専門求人サイト
書籍紹介
検索フォーム


カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
逆アクセスランキング
参考にどうぞ☆
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

高齢者福祉総合施設「バーデンライフ中川」のブログ

介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント

まごれん!~真ごころのレクと機能訓練~

picospoonの小さな毎日 part3

一社*在宅療養ネットワーク

介護の道
ご参考にどうぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。